2010年10月27日

産経新聞

今朝、初めて自分の意志で
産経新聞を買った。

結婚してから
だんなの父が新聞をとっていたけど
新聞屋さんのしつこさと
人によっては感じの悪さと
人によるが
恐い感じだったりしていたので
個人的偏見で
どうしても自分から
購読したいとは
思わなかった。

月末ぐらいに集金の応対も
嫌だった。

新聞なんか読まなくても
ネットがあるから
十分だから敢えて新聞を
とる価値はないと
思っていた。

父が一年先ぐらいまで
予約しているのに
更にその次でいいからと
しつこいし
洗剤を置いていく態度も
気に食わなかった。

だから
いろいろな意味で
新聞はとる気はなかった。

でも、今朝、
自分の意志で初めて
産経新聞を買ってみた。
posted by green_ring at 11:04 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

うちの日の丸

きょうはたっぷり寝た。

朝も目が覚めたけど二度寝して
起きたのは11時ぐらいだった。

昨日、玄関のドアの横のレンガの壁に
日の丸の旗竿を差し込む三角の金属を
マイティーパティーで接着しておいた。

今日はこの前買ってきた日の丸を
安心して掲揚することができる。

起きたのは遅いけど
すぐに日の丸を組み立てて
三角の金属に差し込んだ。

そして紙を何度も折って
旗竿と金属の間に差し込んで
日の丸の角度を整えた。

やったーー(^0^)

これでうちもこれから祭日には
ちゃんと日の丸の掲揚ができると思うと
うれしくなってきた。

まあ、掲揚というか、差し込むと言ったほうが
正しいかもしれないけど
一般家庭なので差し込んでも
掲揚ということにしよう。

日の丸掲揚の仕方は
以前に見たねずきちさんのブログに書いてあったのを
プリントしてそれを参考にさせてもらった。

ねずきちさんのブログは本当に読みごたえのある
素晴らしいブログだと思った。
posted by green_ring at 13:39 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

靖国神社のゼロ戦

娘と敬老の日の前に靖国神社に行ってきた。

靖国神社にある遊就館の売店で日の丸を
買ってきた。

私が子供のころ、父が当たり前のように
「祭日の日には国旗を飾るんだぞ〜」
と言いながら国旗を飾っていた。

最近は国民の祭日に国旗を飾っているうちって
ほとんど見かけなくなってしまった。

でも最近ツイッターで日本のことが心配になり
日本人として日本という国を見直すようになり
国旗のことを思い出した。

うちも当たり前のように国旗を飾らなきゃと思い、
以前みたま祭に行ったときに
靖国神社で国旗が売っていたので
早速、娘と買いに行ってきた。

まず靖国神社で参拝した。

それから遊就館に行った。

娘には遊就館を入った玄関ホールに設置してある
ゼロ戦を見せたかった。

私はいつもそのゼロ戦を見ると
涙があふれてきてしまう。

こうしてブログを書いていても
涙がこぼれてしまう。

あの操縦席に自分の息子が乗っていたら
私の弟が乗っていたら、
と思うと悲しくてどうしようもない気持ちで
いっぱいになってしまう。

実際にあの操縦席に乗って
片道だけの燃料しか入れないで
ゼロ戦に乗り込んだ若い兵隊さんは
どんな気持ちだったか、
そんなことを考えると
もう二度と絶対に戦争は繰り返したら
いけないと思う。

靖国神社には若くして命をかけて
日本を守ってくれた英霊たちが眠っている。

現在私たちがこうしていられるのも
犠牲になった英霊たちのおかげだ。

日本を必死に守ってくれた英霊に
心から感謝をして参拝をするのは
日本人として当たり前のことだ。

ほかの国のやつにごちゃごちゃ因縁つけられる筋合いは
毛頭ないし、
筋違いの非常識は言わせねえよって思う。

日本人が靖国神社を参拝することに関して
ほかの国のやつが文句言うこと自体
間違っている行為だ。

というか、そんなことは
自分たちの国に照らし合わせてみれば
どんな国の誰でも普通にわかると思う。

そんなこと子供でもわかることだ。

子供でもわかることを取りたてて
くだらない騒ぎだてをする国もあるが
程度が低すぎて相手にするだけ無駄だと思う。

自分の国を守るために犠牲になった
戦没者に対して
手を合わせない、敬意を表さない国民が
どこにいるのだろう。

もしそうだとしたら
それはよほどの非国民か
売国奴だろう。



続きを読む
posted by green_ring at 19:12 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
『初心者でも月100万円をネットで稼ぐ方法』